MENU

玉森裕太1年ぶりに美STへ、スキンケアやトレーニングは何してる?

  • URLをコピーしました!

こんにちは。

2022年「美ST4月号」の表紙はkis-my-ft2の玉森裕太(たまもり ゆうた)さんが飾りましたね。

昨年2021年4月号も表紙を飾ったことで雑誌が品薄状態になり、今回もかなり話題をよんでいましたね。

いったいどういう表紙??

と気になり、

玉森裕太さんの表紙写真を見てみると、ビックリするほどセクシーで美しかった。

ジャニーズNo.1の透明肌と言われている玉森裕太さん。

さすがです。

いったいどのようなスキンケアや美ボディのためのトレーニングを行っているのでしょう。

過去の情報を集めてみましたので、見ていただけると嬉しいです。

目次

美ST 2022年4月号

現在、2022年4月号で話題をよんだ雑誌はこれです。

女性よりも美しく、黒髪、白肌で一瞬韓流スターに見えました。

うん。女性よりも美しい。

きっと何か努力をされていると思いますので早速調べてみました。

スキンケア

・化粧水で保湿

玉森裕太さんはもともととても乾燥肌のようで、化粧水等を塗った後にパックをするほど、しっかりと肌ケアをしているようです。

また、2021年2月の「ランコム」の化粧水の1周年記念発表会にゲストとして参加した際にランコム化粧水を約10年分相当にあたる80本も頂いたそうです。

今年も「ランコム」の化粧水のアンバサダーとして任命されており、もちろん現在もランコム化粧水を使用しているでしょう。

・よく寝る

調べていくと、玉森裕太さんは基本的によく寝る方のようです。

ラジオお正月トークでも「たくさん寝る」と言っていました。

しっかり寝ることで、成長ホルモンが分泌され、細胞が修復したり、肌のターンオーバーしっかりできるので、美肌へと導きます。

確かに良く寝ている時は、肌の調子が良かったり、目の下のクマも無くなって、美肌効果を感じるときはありますね。

・水をよく飲む

玉森裕太さんは、以前から水にはまっていると言っており、ラジオ番組の写真を見ると、玉森裕太さんの横には何個も水が置かれていました。

うん、水が好きなんだなぁ~と。

世間でも水は体に良いとか、肌にいいとか言われています。

実際に水をたくさん飲むと、乾燥肌の改善になるようです。

玉森裕太さんは、もともと乾燥肌ということで、水を飲むことによって美肌対策をしていたのかもしれませんね。

・直射日光を浴びないようにする

2021年の「ランコム」の化粧水イベントでも、「直射日光は嫌いです」と言っています。

もともと、趣味でサーフィンをすることもあり、日焼け止めは一年中マストと言っていました。

ここ数年は直射日光が大敵として夏には日傘をさすこともあり、なるべく直射に浴びないように影を歩くこともあるのだとか。

やはり、日々の努力はしているんですね。

私より意識高いなと感じて反省しているところです。

・脱毛

https://twitter.com/03ka17na/status/1350035678327840770?s=20&t=YRdftANjXLuOpchgzA9TnQ

昨年2021年のとある番組で、髭(ひげ)脱毛していたことが公になりました。

脱毛をすると確かに毛穴が小さくなり、肌もつるつるになりますよね。

なるほど。

きれいなわけだ。

トレーニング

・ジムに通う

https://twitter.com/LOVEKISMYYES/status/1396098693208502275?s=20&t=YRdftANjXLuOpchgzA9TnQ

やはり、美ST表紙で見るあの胸板はジムで作られているのではないでしょうか。

しっかりお金をかけて、トレーニングジムで頑張って鍛えているのですね。

素晴らしいですね。

・夜の散歩

玉森裕太さんには変わった趣味があり、それが真夜中の散歩のようです。

2019年の番組でのお話では、

タクシーから降りて、変装もせず、大通りは通らないようにして、ずっと細い暗い道だけを歩くというのです。

ちなみに週に3,4日、2~3時間は散歩をしているようです。

変わった趣味が、無意識のトレーニング(エネルギー燃焼)にもなっているかもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はKis-my-ft2の玉森裕太さんのスキンケアやトレーニングについて書いていきました。

これだけ美肌で有名な男性なので、いったい何をしているのか、率直に気になりました。

もちろん、恵まれたルックスや体質もあると思いますが、もうすぐ32歳になる年齢ではそれだけでは美ぼうを維持できません。

今回しっかりと意識して取り組んでいることを知り、私も刺激になりました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次